私たちの理念

«寄り添いの支援»
・心に傷を受け、家庭で生活できず孤立する若者たちが、社会で生きようとする意欲を育み、やがて自信を持って生きていけるよう、寄り添い支えるような支援。
私たちはここに根を張り、在り続けるよというメッセージを送り続けたい。


«支援者への支援»
・若者たちの心のふるさとである施設の職員に向けて、アフターケアについての情報提供やアドバイス、各種養成研修を行う。施設と若者、あすなろサポートステーションで手を取って支援をしていく。若者や支援者が孤立することなく、支えあいのネットワークを構築する。
私たちは多くの枝葉を支える、大きな木のようでありたい。


«資源の開拓・ネットワーク構築»
・関係機関や地域社会とのネットワークを構築し、必要な社会資源を開拓、活用、連携していくことで、若者たちが自分らしく生きていけるような手立てを築く。
私たちはたくさんの枝を伸ばし、多くの可能性を探したい。



«居場所の支援»
・困った時に頼れる場所、生きていく上で心の拠り所となる。社会で疲れたら羽を休めにくればいい。私たちはとまり木のような存在でありたい。